HOME > 成年後見・任意後見のご相談

成年後見・任意後見のご相談

  • 判断能力が衰えた後の財産管理が心配な方
  • 遠方に住む親族の財産管理にお悩みの方

 当事務所では、成年後見手続・未成年後見手続・補助手続・補佐手続の申し立てはもちろん、現在は判断能力に特に支障はないが将来に備えた任意後見契約においては、事案によっては当事務所の司法書士が任意後見人となり、見守り事務・財産管理事務・遺言執行・死後事務等もいたします。お気軽にご相談下さい。

任意後見制度とは

 判断能力が十分にある間に、将来判断能力が不十分になった場合の自分を代理して財産管理・生活に関する事務を行う代理人(この代理人を任意後見人といいます)をあらかじめ選んでおく制度です。

 例えば…

  1. 判断能力がなくなった後、介護が必要になった場合には、できるだけ訪問介護を利用して自宅での介護をしてほしい。
  2. 老人ホームに入所するということになった場合、○○老人ホームに入所したい。
  3. 介護施設に入所せざるを得なくなったが、費用が足りない場合は自宅を売却してその費用を充ててほしい。
  4. 自宅の補修が必要となった場合には、○○工務店にお願いしたい。
  5. 介護用品が必要になった場合には、多少高価であっても最新のものを購入してほしい。
  6. 施設に入所ということになった場合、愛犬は○○さんに託したい。

 など、ご本人のご意向を判断能力が十分にある間にお伺いし、判断能力低下後に、可能な限りご希望に添うための各種契約などを代理いたします。

 なお、契約は公証人の作成する公正証書にて締結し、また、任意後見開始後においては、家庭裁判所により選任される任意後見監督人が任意後見人を監督しますので、安心してご利用いただけます。

(大阪守口)くすのき司法書士事務所

〒570-0083
大阪府守口市京阪本通2丁目
3番5号

TEL 06-4250-5722
FAX 06-4250-5766

アクセスマップはこちら

e-mail
info@kusunoki-office.com

くすのきグループ・協力事務所のご紹介

Copyright © kusunoki Judicial Scrivener Office. All Rights Reserved.
SEO対策 大阪 インターネットショッピングモール 司法書士 大阪 司法書士 東京